酵素がないと生きられない!

 

酵素とは、生きているもの全てが持つタンパク質の一種で、体内の生科学反応に必要な物質です。
人間も動物も植物もこの酵素を持っています。

 

生化学反応に必要なものですからこれが不足するということはすなわち、病気になりやすくなっている状態、
あるいはすでに何らかの不調が起こっている状態であると考えられます。

 

「不調」には肥満も含まれますから、かなり多くの人が酵素不足であるといえますね。

 

酵素とは、人間の立場から考えると、潜在酵素と外部酵素(食物酵素)に分類されます。
潜在酵素は、人間が既に体内に持っている酵素です。
これはその役割によって代謝酵素と消化酵素に分類されます。
代謝酵素は、生命活動にかかわる細胞の生成や再生修復、余剰物の排泄など、健康を作る役割を行い、
消化酵素は、食べたものを消化分解して栄養素に変え、エネルギーとなる手助けをしています。

 

外部酵素は、野菜や果実、生の肉や魚などの食物に含まれており、食物酵素とも呼ばれるものです。
熟するという工程で酵素が働いています。

 

このうち人間の体内にある潜在酵素は、日々使われることで次第に減っていくと考えられています。
体内での生成はされないからです。
加齢とともに酵素は減っていますから、中年と言われる年代くらいから肥満になるわけです。
よく言う「代謝が落ちる」とは「基礎代謝が落ちる」という意味ですが、「代謝酵素の働きが落ちる」と同義語でもあります。

 

ですので食物酵素は、潜在酵素を補う意味でとても重要な役割を持っています。
人間の生命活動で酵素に着目すると、酵素を減らさない生活と外部酵素(食物酵素)をたっぷり摂る生活が健康をもたらすと考えられます。

酵素の効率の良い摂取方法

酵素は、熱に弱いものです。
様々な種類の酵素があるので例外もありますが多くの酵素は48度以下でしか生きられません。
ですので酵素をたくさん摂りたいと考えたときには、加熱調理したものではなく、生の食物で摂ることが合理的です。
つまり一般的には生野菜やフルーツ、発酵食品ですね。

 

日本食には刺身やたたき(表面のみを炙った調理方法)などもあり、酵素は動物性食物からも摂取できます。
ただし、これらの食物は動物性タンパク質を多く含んでいますので、これを消化するのにはフルーツや野菜を消化する何倍もの量の酵素が必要になります。
消化することに費やされる時間も多くかかりますので、これらの食物の摂取はあまり効率のいいものとはいえません。

 

酵素を食物酵素からできるだけ多く摂りつつ、消化に酵素をあまり使わない食生活が良いので、
食事の量もお腹いっぱい食べることはよくありません。

 

消化に負担をかけずに栄養も取れる量は目安としては腹六分目です。
そして眠る前に消化が終わるような時間帯に食事を終わらせることも必要です。
朝はフルーツ、昼はフルーツ、野菜を中心に普通に食事をし、夜は9時までに食事を終わらせるのが理想です。

 

このような消化に負担のかからない食べ方や時間帯に気をつける食習慣を身につけると、
潜在酵素はその多くを細胞の生成や再生修復を行う代謝酵素として機能するため、
排泄機能が十分に働くことで解毒も行われ、健康状態がとても改善されて痩せる、肌つやが明るくなるなどの具体的な目に見える変化が現れます。

 

同時に体の内部での変化もおこっていますので、体の声を聞いてみてください。
”なんとなく不調”程度の症状は既に改善されていることでしょう。