活きた酵素商品を選ぶ

 

酵素商品を選ぶ際に注意していただきたいのは、どのような製造過程で作られた商品なのかということです。実は酵素は非常に熱に弱いもので、加熱処理をされてしまうとほとんど破壊されてしまうという残念な結果になってしまいます。

 

ご家庭で食事から酵素を摂取しようと思っても、加熱調理をするとあまり意味が無いと言われているのは酵素が熱に弱いという特性があるためです。そのため酵素商品を選ぶ際はできるだけ「活きた」機能が高い活性された酵素サプリを選ぶ必要があります。

 

活きた酵素であるかを確認するには、製造過程を確認してみることが大切です。実は多くの酵素商品は製造過程で加熱処理を行なっているという場合が多いのです。ドリンクタイプであれば液状だから「活きた」酵素なのではないかと思っている方も多いと思います。

 

実はドリンクタイプについてはほとんどが瓶に入っておりますので、65℃以上で加熱処理を行うことが義務付けられています。粉末や粒状のサプリメントについても加熱処理をしているものがほとんどです。

 

活きた酵素に拘るのであれば、カプセルタイプを優先して選ぶことをおすすめします。カプセルタイプのものは活きた状態の酵素をカプセルに詰め込んでいますので、製造過程において48℃以下の低温製造で作られているものがほとんどです。

 

実際に「生サプリ」として表記されているのであれば生の状態の酵素をカプセルに詰め込んでいるサプリであると判断することができるでしょう。

 

活きた状態である酵素商品はいくつか種類があります。酵素は活きた状態であるという共通点があっても、原材料が違ったり価格も違うなど異なる点が多いので選び方が難しいかもしれません。

 

単純に値段だけでは商品の良し悪しを判断することが難しいので、どのような原材料を使用しているのか、どのような製造工程を経ているのか、実際に使用している方はどのくらいいるのかということなどを確認したうえで自分にとって最適な商品を選択することをおすすめします。

 

 

 

 

 

活きた酵素商品に拘る関連ページ

酵素ドリンクタイプのメリットとデメリット
酵素商品の中に酵素ドリンクが人気があります。酵素ドリンクは多くのメーカーから販売されており、色々選ぶことができます。ドリンクタイプのメリットとデメリットをしっかりと把握して、自分の目的にあった酵素ドリンクを選びましょう。
酵素サプリのメリットとデメリット
酵素商品には色々なタイプが存在します。主にドリンクタイプか顆粒タイプに分けられます。ドリンクタイプは知名度も高く多くの方がしっているでしょう。しかしカプセルなどの酵素サプリメントにもメリットがあります。自分にあった方を選びましょう。
野草酵素商品の特徴
野草を中心の原料を発酵、熟成させた野草酵素の特徴と人気の酵素ドリンク、酵素サプリをご紹介。